マンション経営を競り落とす!極意とテクニックについて

マンション経営をするとき、中古物件を購入して行うことがあります。競売物件を利用すると、安く購入が出来ます。

Site Link

競売物件を利用してマンション経営

通常の販売価格に対して半額以下で売られているとしたら飛びついてしまうでしょう。もちろんそれが必要であるということになりますが、探しているとあるものです。どうしたら破格の値段で購入することができるかです。一つには価格が安くなるメカニズムを知るということです。どんどんと新しいものが出てくる商品の場合、次の商品が出てくるタイミングで非常に安くなるということがあります。というのは在庫になってしまうからです。在庫になると将来販売できるかどうかわかりません。仕入れ値ギリギリ、場合によっては赤字でも良いから売るとなるのです。
そのように価格の決まり方に特徴のあるものを狙うということがあります。マンション経営をしているという人においては、自分で土地を購入して、建設して行うという人もいます。それ以外に、すでに建っている物件を購入して、それを利用するということもあります。リフォームなどをする場合もありますし、特に行わなくても、管理の方法を変えるだけで収益物件にするということもあります。この時できるだけ購入価格は安くしたいものです。ただし安ければそれだけ物件の価値が少ないということを意味します。すると収益も出にくくなるということです。
不動産の場合、良い物件でも安い価格で購入できる方法があります。それは競売物件を利用するということです。何らかの理由によって所有をすることができなくなった物件を裁判所が買取り、市場価格よりかなり低い価格で販売するというものです。素早い現金化を目的としているため、低い価格が設定されるのが一般的とされています。こちらから良い建物を探すということです。こういう物件というのは敬遠するという人もいますが、あくまでも所有者の個人的な理由ということが多いです。ですから物件そのものに関しては、特に問題があるというわけではありません。この物件だから良いということはないので、見極めることによてかなりの掘り出し物を購入できることもあります。
1位山手線
2位総武・中央線
3位京王線
4位中央本線
5位東急東横線
6位小田急小田原線
7位東急田園都市線
8位東京メトロ東西線
9位東京メトロ丸の内線
10位都営大江戸線
このエントリーをはてなブックマークに追加